<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

盗難



どうやら盗難にあったらしく、昨日インドへ旅立ったノリコ先生が帰国するかもしれない模様。パスポートは無事だけどベルトに縫い付けておいた200ドル以外、全財産(紙幣・TC・カード)見当たらないらしい。携帯の国際電話はめっちゃくちゃ通話料が高いから緊急以外では絶対に掛けないと言っていた本人から電話がきたので、これは正しく緊急事態ですね。思い返してみれば体調不良で一時帰国し、東京滞在中もお腹の調子がずっと悪かった。交通機関に問題アリで昨日は飛行機に乗れるか微妙だった。とりあえず冷静にもう一度荷物のチェックして、それでもやっぱり見当たらなかったら大使館に行く事と、TCの再発行手続きをする事、を助言してみたけどどうなっただろう。帰国するにもエアチケットを買う金がなかったらどうしようもないからなぁ。送金するにもカードもない。途方に暮れてるだろうなぁ…。


昨日、ラストの親不知をビシィっと抜いてきました。今回は半埋没だったので肉切って歯を二つに割って抜いた。上の歯なので縫合はしなかった。だけどもしかしたら骨の空洞が鼻の穴とつながっちゃうかもって事で、何かよく解らない指示を受けました。おいおい。おっかねぇな。鎮痛剤と抗生物質以外にビタミン剤とカルシウム剤まで処方された。抜歯した穴にはコラーゲンの塊も入れられた。昔とは違うなぁ。これが医学の進歩なのか。

久しぶりの飯食えない週間。酒飲めない週間。ああ、つらい。お酒が飲めないと上手く寝るタイミングが掴めなくて、眠くなるまでひたすら起きてるしかない。ほんとアル中だなぁ。そんな中7月札幌行きのチケットとホテルの手配完了。それまでには復活しよう。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-29 00:15 | どうでもいい的な

プラマイゼロどころかプラス思考でお願いします

b0188919_3485244.jpg




見送るのに慣れていないんだと実感する。どんな顔で手を振れば良いのか3時間前にしてもよく解らない。ただここはいつでも帰ってきていい場所なんだよ、ってのが伝わればいい。もてなしはしないけど。


常に見送られる側で生きてくると、見送る側の気持ちがこんなにも心許ないのかと再確認する。田舎の父や母、心の近くに自分を置いてくれる人に感謝しなくちゃいけない。眠い目こすって作ってくれた弁当や、喧嘩したまま出発した朝の腫れた瞼を思い出す。愛されてる。ちゃんと。

明日は。ていうか、今日の朝は。とびっきり心を込めた美味しいコーヒーをドリップしてやろう。インドじゃ飲めねぇだろう。


この数週間色んな事があった。とりあえず色んな事があった。良い事も悪い事も。でもトータルで考えたら良い事の方が多いんだな。だから振り出しに戻る事は悪い事じゃない。

昨日、偶然にフライデー第二弾の男性と同じ空間にいたけど気付かなくて、仲良しの店員さんに教えてもらった。よくよくチェックしてみたら本当にあのナイキのランニングシューズを履いてて、ちょっとだけ愛おしくなった。周りの評判は「絵に描いたような草食系男子」とか「ヘアスタイルが…かなり…残念だね…」とか。はい、同じ事思いました。弁護する気は毛頭ないけど、その指摘がいちいち的確すぎて「しょうがないね〜」って。他人の恋路を邪魔すると馬に蹴られて死んじゃうんで、そっとしておこう。うんうん。自分の妄想世界は健在だ。そう思ったら少し大人になれた気がする。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-27 04:19 | どうでもいい的な

モヤモヤ


なんかスッキリしたくてP!NKのPVばっか見てた。







この人同い年なんだよね。元旦那をPVに出演させたうえ、二人の名前が彫られた木を切り倒しちゃうとか、まぁいい感じに突き抜けてる人だ。こういうの好きです。ていうかP!NKが乗ってるevo(?)カッコいいな阪神タイガース号みたいな感じで。でも個人的にはこのso whatよりもSoberて曲が好きだったりする。スッキリはしないけど。PVの中でP!NKとP!NKがベッドシーンするんだけどさ、外人のケツってのはこんなにボリューミーなのかと今更思ったり。







ジンギスカンのたれ(ベル食品の)とビールを投入して作る焼うどんに勝る食い物は無い気がしてきた。調子に乗って2玉分作ったけど案外ペロリと食べれたし。こういうのってソウルフードっていうのかね。道産子はジンギスカンの〆は焼うどんするんだよね。夏が待ち遠しいなぁ。

それにしても、もとやん君すごいな。ワールドツアーかぁ。好きな事を堂々と好きな様にやってきた、その行動が全部繋がってるんだろうな。マジでカッコいい写真いっぱい撮る人だから憧れるし触発される。自分も頑張らないと。頑張るっていうか、楽しむっていうのが一番なんだろうな。もとやん君の写真を見てるとつくづくそう思う。音楽じゃなくて写真でPUNKしてるんだよね。ホント気を付けて行ってきて下さい!押忍!

なんかモヤモヤしたものがずっと溜まってて、それってもしかしたら1年くらい前からじゃないの? みたいな事に今日気が付いた。この1年モヤモヤしまくり。いやまて。1年と言わずもっと前からモヤモヤしてるのかも。うはー。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-19 22:01 | どうでもいい的な

徹子は母の匂いがする

b0188919_1385169.jpg



黒柳徹子さんが大好きです。
子供の頃、母の膝を独占して読んでもらっていた本は『窓際のトットちゃん』でした。
特にぼっとん便所に財布(お金?)を落としてしまって…の章は、今でも読んでもらっていた部屋の情景や当時の自宅、若かりし母、小さな自分、全て含めて鮮明に記憶しています。たぶん幼稚園の年長さんでした。

小学校4年の時、国語の教科書に『窓際のトットちゃん』の一部が載っていて、それを馬鹿にしたクラスメイト男子の頭を思いっきり光GENJIの筆箱で殴打したのは、今でもとても良い思い出です。覚えているか?卓。お前は幼なじみだ。

今にして思えば5歳児に読み聞かせる本は童話やおとぎ話的な絵本であるべきだろうに、黒柳徹子という日本の最終兵器が書いた本をチョイスした母は、かなり斬新だと思います。まだ早いだろう。さすがに。


そんな私の師匠ともいうべき徹子。昨日そんな徹子の部屋にゲスト出演した木村大作さん。
作業中の手を止め、思わずテレビ画面に突っ込みまくりました。

なんだろう? 徹子がゲストの話を止めるのは最高に楽しいのに、ゲスト風情が徹子のコメントを止めてるんじゃねーよ! 宣伝で来てるんだろ? 出させてもらってるんだろ? つうか自分語りが激しすぎて萎えるを通り越して笑ってしまうわ!

木村大作さんはとても素晴らしい日本が誇るべきカメラマンです。黒澤作品を始めとして、世界に誇る沢山の日本映画を映してきた素晴らしい人です。そんな木村さんがメガホンを取った『剱岳 点の記』は、きっと素敵な作品になっていると思います。

それは解ってるんだけど…。

あの! あの! あの徹子の進行を邪魔してまで語る、自分語り。大作イズム。たまらねぇっす。なんなんすか? このシト、強敵なんですけど…。使徒殲滅って四文字熟語が頭に浮かびました。


まぁ、いい。とにかく、なんか、違和感の残る徹子の部屋でした。



色々と考えます。それなりの歳だからだろうけど。久しぶりに懐かしい友人から早朝にメールを貰って真剣に考えて応えようと思ったら、真剣になりすぎてすげー時間が掛かっちゃったとか。もしかしたら引っ越しするかもしれない(夢の駒沢3LDKに)とか。自分自身が枯渇するのはいつだろうとか。もしかしたらもう出涸らしになってるんじゃないかとか。最初の高校時代の友人に最近になって初めて聞いた当時のあだ名「インテリやくざ」とか。「死んでもいい」って思ってるから「その時点で絶対に戦場に行っちゃだめ」っていう友人達の言葉とか。色々考えます。



母の膝の上はきっと今になったって、頭を預けても暖かいんだろうなぁ。
つうか母ちゃん、新造した船の記事が新聞に載ったのなら教えておくれよ…。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-18 02:27 | どうでもいい的な

再びごあいさつ

b0188919_2153434.jpg



いやだなぁ。いやだなぁ。だって何か恥ずかしいもんなぁ。
でもなぁ。約束だしなぁ…。


つうことで。mixiからブログへ移動することになりました。
まぁ説明ベタってこともあり、多くは語りませんが現在わたくしタムラとある集団に所属しております。

略してUGMっていうんですけどね。日本語にすると【もぐら】です。
メンバーの山田さんが鼻くそほじりながら目ひん剥いて「はやくmixiに設定しろよ!」と言いますので…。

本当はメインのサイトがあって、そこから各々のブログやページに飛ぶようになってるんですけど、サイトの方はちゃんと形が出来上がってからお知らせするようにします。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-14 21:14 | どうでもいい的な

なんかね



なんだかライバル視をされてしまった。う〜ん、面倒くせぇ。

生きて行く上で他人に対して「放っておいてくれ」と思うのは傲慢なのだろうか?
本当にヤハウェが居るのなら聞いてみたいわ。イエス・キリストじゃ話にならねぇ。親玉出せ。


ただ息をして、ただ飯を食って、ただ惰眠を貪って、ただ欲望に素直になって。
それだけの日常でも小さな疑問は幾らでも沸いてくる。
小さな脳味噌を突き詰めたら宇宙に繋がるとか、5次元まで実は解明されてるとか。
ガリレオは天動説を否定して地動説を唱えたが為に宗教裁判にかけられたとか。
本当に傲慢なのはヤハウェを崇拝してキリストを神格化してマリアを偶像にした人々じゃないの?
とか思うからこそ、ヤハウェに「傲慢」について説明して欲しい。


すげぇ濃密に生きて、生きて、生きて。

そんで最後に「くだらない人生だったよ」て言える自分になりたいと心底思う。

座右の銘【さよならだけが人生だ】これはきっと一生揺るがない気がする。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-14 02:41 | どうでもいい的な

土曜日ゴミ出し忘れた

b0188919_18155017.jpg




刈上げ部分が2センチくらいになっちゃった。早くチョリチョリ刈上げたい。明日か明後日にはサッパリしたい。というか、サッパリするわ。

難しい言葉だとかそれっぽい言い回しだとか実は苦手です。本を読むのは好きだし文章を書くのも嫌いじゃない。学がないからとかそういうのも多少は影響あるのかも知れないけど、それだけでもない。読みやすさや受け取りやすさというものを商業誌で叩き込まれて、独特な文体だとか個性というものをどこかに忘れてきてしまった…ような気がする。

でも問題はそういう部分でもなくて。ようは意欲であったり創造力の欠乏なんだと思う。

生きてりゃ予想外の虚しさに襲われる事もあるし、暴力的な悲しさに溺れそうになったりもする。
他人に期待しない生き方というのは誰も愛さないということ。自己愛で完結出来る程強くはない。

でも第一前提として他人に期待する前に自分に期待するべきなんだと言い聞かせて生きてきたわけで、それがいつからなのかは解らないけど平和主義的な思想の強い自分からすると、世間は想像以上に下らなさすぎる。


なぜ? って聞きたい事はいっぱいあるよ。他人に対して。
なぜ、自分で情報や思想や現実を探しに行こうとしないのだろう?
それはそんなに難しい事なのだろうか。

子供達が大人になったとき、世界の下らなさにいつか気付くだろう。かつての自分の様に。
ならばキラキラと彼らの目に世界が映っている間は一生懸命大人は子供を愛して守らなければならない。他人の子だろうと。そんな事を考えていた。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-13 18:38 | どうでもいい的な

酒は抜けたけど

b0188919_1520569.jpg




午前2時半ウイスキー片手に仕事帰りの美容師がやってきた。
早朝5時まで下らない話で盛り上がる。

近すぎるわけでもなく遠すぎるわけでもなく、それでも10年友達をやってきてそれぞれの場所で培ってきた人生観だったり仕事観であったり恋愛観を分かち合う。でも結局下ネタ話になってしまう。
飴が食べれない自分と、梅干しが嫌いな美容師。セブンイレブンのスピードくじで当たった商品は梅干し飴。こいつをどうするかで10秒程悩んだあげく、どうでもいいわなと当たり前の結論に辿り着く。
今度違うお客さんが来た時に無理矢理食べさせれば良い。

会いに行けば必ずヤレる温もりが欲しいわけじゃないんだよ。と美容師が喚く。
今ここでそんな女から「遊びにおいでよ」って電話が来ても俺はここから動く気はない!そうだ。


自分勝手に抱いた劣等感に2、3日思考を削がれてて、必要もないのに携帯2台持ちでもしようかななんて下らない現実逃避もした。自分の心を曝け出せる人に顔面偏差値の話をしてちょっとスッキリして、でもその程度の思考回路にゲッソリもした。

音楽の趣味が合う美容部員は銀座で一番偉くなったけど、社内で3人目のアーティストにならないかっていう誘いによって、自分のこれからの人生に直面している。じゃなきゃ酔っぱらって電話してきて2時間も喋り続けないと思う。

アジア放浪中の友人は来週一時帰国するそうだ。ビザを取り直して6月の終わりにまた旅立つ。相変わらず行動が急だけど、そいつが一緒に旅したいと誘ってくれるのは正直嬉しい。むこう半年自分のスケジュールと照らし合わせてそいつに付き合うなら9月の一ヶ月間かなと計算した自分は嫌いじゃない。金銭面で現実になるかは微妙だけどその為にバイトをするのも自分らしい気がしてきた。


もう自分には撮り続けるしかないんだと思った。
[PR]
by ugm_t | 2009-06-02 16:24 | どうでもいい的な