つうわけで

携帯電話からお越しの皆様こちらからなら若干見やすいかと思われます。


b0188919_1245414.jpg



世間はいつの間に9月の大型連休をシルバーウィークと呼ぶようになったのですか??
すっかり日本という文化に置いてかれてる気がする旧敬老の日生まれのタマラです。

子供の頃は誕生日が祝日だったから、友達を呼んでお誕生会とかしてたなぁ。
小学生の時とか、無邪気で楽しかったわ。
始めて恋人と過ごした誕生日の事はあんまり覚えてない。
それから何度か愛しい人に祝ってもらったけど、祝う方が好きなタイプなので
自分が主役になるのは気が引けて引けて。

ここ数年、毎年誕生日を東京で過ごさないのもそういうことで。
祝われるのがすごく苦手。いーよー。気にしないでー。時間とか作らないでー。って思います。
二十歳の節目から、誕生日は両親とご先祖様に感謝する日になったんですよ。自分の中で。
無邪気に祝われる日じゃないというか。プレゼント貰って王様になるんじゃなくて。
だから毎年自分の誕生日には両親にプレゼントを贈っています。
去年はちょうど実家に居たので久しぶりに手渡ししました。
久々に子供の誕生日を祝うつもりが、逆に感謝の言葉とプレゼントを直に貰った両親が
涙ぐんでたのがすごく印象に残っています。不甲斐ない子供ですが、感謝してます。


家族がとても大切です。
自分の命よりも優先したいです。

昨日、久々に父から電話がきて。
「誕生日何が欲しい?」と。


「洗濯洗剤が欲しい。」と答えた自分嫌いじゃないです。


離れているからこそ、愛しい人の鼓動に敏感です。
それはきっと父も同じなんだろうと思います。
大切な人です。長生きしてください。お願いですから。

自分の誕生日に一体、何脚のウエッジウッドを贈っただろう? と考えながら
今年も新作のカップ&ソーサーを購入しました。美味しいお茶を飲んでね。


そんなこんなで。
30の節目を迎える今年の誕生日。

やっぱり一人っきりで過ごす事を選びました。

東京から離れて、黒部ダムに行ってきます。
すんげぇ孤独に見つめ直したいと思います。色々と。



最近職場の若い子(22歳男子)が不平不満を口にします。
8歳年上の大人として、優しく笑って聞いてます。

でも、自分が22歳の時にその子と出会っていたらぶっ飛ばしてます。
そんな気がします。

イライラの原因を他人に見い出すのは間違ってます。

でも、それを青臭く説教する気もおきません。

自分の人生を楽しくさせていないのは、自分自身だよ。と
彼に伝えたところで、伝わらないだろうと解る瞬間の虚しさったらないです。




つうわけで、誕生日は黒部。月末は石垣行ってきます。
おやすみなさい。



UnknownGeniusMole
[PR]
by ugm_t | 2009-09-12 02:02 | どうでもいい的な